薔薇色彗星☆.。.:*・°

♪愛しい空っぽ の日々 by.aya〜*
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 69 Strawberry Moon☆彡 | main | ふらっとはじめて >>

違和感と育自と本質

何気に視界に飛び込んできた

 

 

「触らぬ神に祟り無し」

 

 

通常使われてがちなその意味に

今日はあらためて違和感を感じた。

 

 

そして

 

 

その違和感をスッキリ晴らしてくれるような記事に

速攻出会ったww

 

 

さわらぬ神に祟りなし の真意とは

 

『障らぬ神に祟りなし』

 

 

 

罰当たり とかいう言葉もあるが。

それでも。

 

神様って

そんなネガティブな要素に使われる存在か?!

悪魔じゃあるまいにw

 

(これが我が違和感の正体)

 

 

 

 

で、違和感を憶えた自分を

そっと褒めたい気分になった。

 

”進んでいる” 手応え というもの。

 

 

子供の頃から子供が大好きでw

育児は趣味に近く好きやった・・・と思う。

(ちゃらんぽらんな親やけどwww)

 

正直な話。

育児よりも育自のほうが厄介で困難である。

 

子供なら

いつしか親から離れて行くのが大前提(自然の摂理)

自分自身は

その性もとい世もとい生(なんでこんな時にこの変換www)

を全うする迄責任を果たさなければならない。

 

悪癖の書き換え。

好循環への変換。

 

そういったものは

日常の細やかな一瞬一瞬で

反復的に繰り返しても尚

 

”まだまだ”

 

・・・(苦笑)

 

 

で、この「余白=伸びしろ」

も、まだまだ「楽しめる」もんなんやな と

自然に思えるようになった。

 

・・・ということは

 

人間は完璧じゃないから。

 

多分、死ぬまで楽しめるんじゃないかな・・・www

 

 

 

 

で、それは

【自分で覚悟を持って決めれば】

必ず好転するものなのである。

 

ここだけは間違えようが無い。

 

要はそれを

どこまで信頼出来るか

信頼に繋がる迄に落とし込めるか

 

そんな気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSの発達故に。

今、リアルタイムで

その人達の現状の動向を見る事があっても。

 

直接関わることがもう皆無なのであれば。

 

最後に関わったその時点から

その人達は

既に「思い出」なんだよね。

 

 

環境の変化で

いともたやすく切れてしまうような関係性なら 

それまで のもの。

 

 

それでも

 

『一期一会』

 

思い出とは

自身の『宝石』になる

 

 

 

 

 

 

この数年間は激動で。

目まぐるしく変化の波が押し寄せた。

 

 

 

以降は

 

『とても素晴らしい日々』

 

しか存在していない・・・w

 

 

 

 

 

 

 

 

私は 本質 が好きだ。

 

自分の身の回りは

 

今後多分それだけの世界になるんだろうと思ふ。

 

 


 

 

 

 

 

All right ☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の件は

 

更なる気づきに巡り会えたこと

 

と 同時に

 

自分の被害妄想もやはり根強いんだなと

気づかされたこと

(物事を悪く受け取ってしまう癖)

 

 

(だって

発し手の意図なんてそもそも解らないのに

それを勝手にネガティブに感じ取ってしまったんだから・苦笑)

 

 

 

最初はざわざわするけど

やっぱ 『自分』という生き物を知るに

少しでも至るというよりは『寄れる』 

・・・というのは楽しいw

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の楽しみのひとつは

ちなふじえ様のblogを拝見すること。

現時点での最新記事

 

受け入れる は

多分 自分自身好ましくないこと

のほうに 肝がある ・・・w

 

 

 

日記〜* | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









RECOMMEND