薔薇色彗星☆.。.:*・°

♪愛しい空っぽ の日々 by.aya〜*
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 有終の美 | main | 恋愛小説と、通過列車と、1gのため息。 >>

2017夏至その後

夏至超えての3日間

 

 

 

より本性を炙り出す為に

したたかに酔う必要があったのか。

 

 

炙り出されたのは。

とっくに自覚してるはずの自分の悪癖ども。

 

 

未だに

 

 

漠然と「嫌われた?」と思いがちなことや。

強いコンプレックス。

(自分の存在全否定への悪しき回路)

 

 

殊、コンプレックスは

自分の厭な部分を容赦なく叩き出す。

 

自分を馬鹿だ無能だと思っている。

 

このコンプレックスには一応

理由(過去からの背景)もある。

もう10年前(!)とて。

当時社内の鼻つまみ者だった女史(長期派遣)が切られ

短期派遣やった自分が継続となったこと。

彼女のポジションを奪ったわけではないのに。

その事実が漠然と【奪われる恐怖】という幻影を見せる。

 

 

 

そのコンプレックス故に

その被害妄想故に

 

何の罪もない良き方々に対して

「干されてる」気がするなどと。(無礼千万・苦笑)

 

 

 

自分だって エリート揃いの社員さん方から。

「スペシャリスト」

「素晴らしい」

有り難きお言葉を頂戴したにも関わらず、

自分は情けないほど、それらを受け取れていない

相も変わらずの【受取下手】なのか ・・・ とも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして。

どうして自分とは<フェーズの違う>

【言えない】人々に

未だそこまでの憤りを憶え続けるのか(?!)

 

 

もう、ええやないか!!!!!

 

 

とも。

 

 

 

 

 

 

そして。

 

 

自分を無駄に守る心の【制御装置】

後々傷つきたくない故に

どれも

【偶然 たまたま】  と。

 

本当は そうは思いたくないんでしょ?

 

【故意に】

 

そう思いたいんでしょ?!

 

漠然と感じ続けてるのは

目に見えない 優しさ なのではないの?!

 

 

どう思っても

傷つく時には傷つくの

 

 

なら 自分の勘と感性に

したがって受け止めてもええんやないの?!

 

 

 

気もちを知った上での

同情かもしれない?

可哀想って思われてる?

 

【そんな風に思いたくない】

 

なら その思考

 

捨ててしまえよ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

元来賢い人は好きだけど。

それは学歴とかそういうことでは無かった。

 

(要らない というのも 今は不謹慎な気さえするが・苦笑)

 

要は

惹かれどころはそこでは無い のだと。

 

(それはそれで存分に素晴らしいに決まってるのだが それでも)

 

 

 

 

 

例えば私の【超絶陰鬱な表情】に

一体誰が耐えてくれるというのかしら・・・?w

 

コントラストの激しさ

 

そして自分の場合は

喜怒哀楽 という 『動き』より

【読めない】ポーカーフェイス のほうが 

自分的には苦手課題なんだろう とも、、(苦笑)

 

 

 

 

 

 

で、もうTLといえば・・

連打で来るね、波がwww

 


 

 

 

       マザー・テレサ、

       バシャール・・・!!!

 

 

 

目が覚めるような

なんて懐深くてチャーミングな一言なんだろう!!!

 

(全肯定に近づいてた が 打ちのめされる様にw)

ええかげん全てを許せよ と。

 

おまえは馬鹿かもやが

生まれてこの方、愛しか学んでないだろが 

ド専攻並に!(苦笑)

 

 

そして。

 

 

選ばれなくとも 

 

今は

 

 

ただ ただ  愛せよ

 

 

(過去の経験に引き戻されることなく)

 

 

 

 

休日にしては珍しく早い目覚め9:30

 

 

ふじえさまの更新記事発見(嬉)

 

 

・・・「エゴ」の露呈

 

 

(違いないwww)

 

 

 

 

制限解除

 

さあ濃い もとい 故意 もとい 恋 もとい

 

来い!!!! ∞

 

 

私のMAGIC !!

 

 

 

 

 

 

All right ☆彡

- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









RECOMMEND