薔薇色彗星☆.。.:*・°

♪愛しい空っぽ の日々 by.aya〜*
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ひとり七夕 | main | ♪ ピンクの 〜 fantasy >>

アクティブ三昧

晴れた土曜、快晴。

暑いけど風がある夏漫喫日和w

 

 

まずはチャリで梅田往復なり♪

 

 

 

帰宅したら息子が我が部屋でふんぞり返っておったがwww

 

気にせずマイペースで日課フル(1h)敢行。

 

で、その後は意を決しての『中間考査』

 

 

前に走ったのは2014.11月

早2年半以上経過しているってかw

 

2014年の1年間といえば

大腰筋作成の為、設定した日課を毎日欠かさずをコンプリ。

 

それ以降はゆるっとサボり気味の継続。

・・が、それでは拉致があかん、ということで。

 

4月から別要素での日課形成して

早3ヶ月w

ド集中として設けた期間が

今年同様半分を折り返した。

 

・・・ここいらへんで実力テストも悪くないかw と。

 

 

 

走り出してすぐに思った。

 

(あああ、こんなん毎日走ってる奴って、

変態かドM以外の何者でも無いのでわ・・・? くっそしんどww)

 

 

選んだアルバムは

「STADIUM TOUR 2016 "BFLY" NISSAN STADIUM 2016 7/16,17」

 

らーーいぶ!!!

そしてBUMP、藤くんの声と一緒なら苦しくないハズとw

 

 

ハロワ&パレード いずれもアップテンポ。

出だし飛ばすスタイルのわし的には丁度ええかも。

 

(が、前回ビクともしなかった脇腹が一瞬痛んでペース落とす)

 

「ファイター」で <どうどう、落ち着け!w> のペース。

 

「宝石になった日」

またもやアゲ気味w テンションもアガルwww

(間奏藤くんのギターソロで、にへら〜〜〜と笑う

傍目に不気味なランナーww)

 

完走と言いたいところやが、

唯一歩いた曲が次の「アリア」

 

基本、何が何でも音に忠実に動こうとするわしの身体。

アリアのテンポで走ったら死んでまうwww

大股早歩きにペースダウン。

 

「流星群」のテンポで再び走り出し

「孤独の合唱」でスキップしたくなるテンションww(してへんけど)

「GO」で、またまたアガって

「supernova」の4:00あたりで帰着、、、w

 

 

 

エレクトリックランのコースは5kmやったが。

今回ちょっと多めに走ってしもたw

 

あと、『好き』の引力にヤられるタチなもんで、

エレクトリックランでは明らかに走ってない

天守閣への上り道を登ってしまたww

(「アリア」が丁度その頃やったかな)

 

 

今回は(一瞬脇腹焦ったが)特に痛みなし。

1hフルでの筋トレ&ストレッチの後やったのも良かったんか(?)

 

前回といえば、

まずは靴がよろしくなくて、足、アキレス腱に痛み。

あと、脇腹痛?は皆無やったのに

胸下=胃の上あたりがめっさ痛かったw

(タックトレンチ効いてるんか?w)

 

 

家族LINEで報告してみたら

元夫曰く「なかなかのハイペース」

とな?

 

 

ド素人なもんで、自覚もなけりゃ

人様の平均レベルみたいなんも知らんけんど

そう言われると悪い気はしないわなw

 

 

 

【ランナーは音楽クラスタの巻】

靴はウォーキング用w

イエモンTシャツにFenderのステテコにタワレコパスケース

 

中に着てた古いエアリズムは全く機能せず?ボトボト状態

 

 

 

 

 

落ち着いてから買い物へ

 

 

 

 

なんせ、このクッソ頑固な腹肉脂肪

残る砦は有酸素運動のみ

な気がするんでねぇ。

 

 

 

楽しめる程度にどこまでガチでやれるかね?w

 

 

 

 

 

 

All right ☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深夜にお宝発見♡

 

(ってか、前はテキストで満腹状態やったか?、、w)

 

おかわりバンザイ!!!(をいw)

 

 

そして気づく今宵の月=14番目と♪

 

 

 

わしとことんLucky☆彡やわw

 

 

(かわいい!を連呼しながら眠りにつくの巻ww)

 

 

 

 

 

 

 

日記〜* | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









RECOMMEND