薔薇色彗星☆.。.:*・°

♪愛しい空っぽ の日々 by.aya〜*
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 眠れない夜と | main |

Lunar

7/6 CUTTちゃんの令和初ワンマンは。

過去主にElectricに参戦してた

私にとっての初ワンマンやった。

 

おひとり様には丁度いい席をget。

最前よりもBest Positionがある。

そこに座ってそう思った。

 

とはいえ。

TYOでは1〜2度だけget出来た最前は。

娘と娘の友達の奮闘に

あらためて感謝の気持ちが湧いてきた。

 

大好きな曲からStartしたLIVE

名古屋のセトリが羨ましい勢いやったけど。

 

ここでまた 予期せぬ出会いがあった。

 

それは 

 

3rd アルバムから

Eve 〜 Lunar の流れ。

 

(アルバムもそのままの流れ。

思わず厳しい財布の紐が緩んでしまったではないかwww)

 

 

そのときはわからなかった。

涙が止まらなかった理由が。

 

これは

 

TYOのLIVEでの

kill me gently

 

・・まるでそれだった。

 

 

 

 

 

 

 

人間とは業が深いもので

手に入れられないものを欲するときがある。

自分も 同じ立場 で。

 

 

5年の歳月をかけた

”なんのカタチも成すことのなかった恋”

 

その途中

 

 

あれは 忘れもしない。

 

本来なら祝福すべきとある情報に。

絶望を憶えた無情感。

 

沈む三日月を追いかけた。

 

(記憶は年々曖昧になるが

多分 この日 だったんだろうと思う。)

 

Lunar

 

♪翳る月に 行かないでと喚いてたんだ

 

 

これは あの日みた情景と

驚くほどにリンクする。

(あの恋の 鎮魂歌か!w)

 

 

何度か夢にもみた。

 

切実に叫んでいた。

 

「行かないで!」

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

苦い記憶、痛い記憶

 は、急には思い出せないものだ。

 

 

 

自分が彼とは違う「立場」になって

離脱準備をはじめていった。

2015年に出会った人が奇しくも

自分は決して座らない椅子の

ただ横に居るだけの人を連れて行ってくれたかのようだった。

 

 

 

 

話を曲に戻そう。

 

一撃で魂を鷲掴みにしたこの曲。

 

単体で というよりは

直近の「Eve」が不可欠な流れのある曲。

互いの曲を際立たせているともいえるかな。

 

(Eveの夢のような浮遊感も無論たまらない!)

 

超新星爆発のような激しいインパクト。(ど派手好きねぇw)

宇宙空間の壮大なスケールを感じずにはいられない拡がり。

 

根底から支えにくるようなバッキングの力強さ

2:35あたりからの アルペジオの美しさ

 

サビの

郷愁を思わせる愛おしさを感じるメロディーライン
 

♪すべての答えが溢れる瞬間には 

  光も音も波も溶けてしまう 〜

 

♪あとどの位の過ぎ去っていく季節と

  共に僕は生きていられるだろう 〜

 

 

我が胸の奥の本質に迫りくるよな 歌詞

 

 

そして 何よりこれは 歌いたくなる曲だ。

 

 

前回のLIVEでふとgetしたNewシングルで

思いの外気に入ってしまった

「Speed of Lights(Acoustic)」も そうだ。

 

  
 

 

誤解を恐れずに言うと。

歌いたくなるか否かが、良し悪しでも好き嫌いでもないということ。

好きな歌の中には、聴いているだけで充分な曲がある。

例えば「LOSER」は好きだけど

敢えて自分が歌わずにここまできたからそういう曲なんだろう。

BUMPにも多々そういう曲がある。

 

 

 

さっき 鎮魂歌 という言葉が湧いてきたが

 

BUMPの「ゼロ」もそうだが。

自分にとってはこの類なのかもしれない。

 

歌い手=作り手の

芯が 真に 心(魂)に 迫りくるよな圧(熱)を 

感じずにはいられない。

 

 

理屈を超えて 

鷲掴みにされてしまった感 といふもの。

 

理由も意味も超えて

涙と共に 癒やされるような。

 

 

嗚呼 だから 音楽って たまらない。 
 

 

 

music♪ | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









RECOMMEND