薔薇色彗星☆.。.:*・°

♪愛しい空っぽ の日々 by.aya〜*
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Lunar | main |

magicは続くよ どこまでも

この数日間 ずっと脳内ループしている一曲

 

Magic Olivia Newton-John(1980)

 

 

 

2016年を終える頃に覚えた 恋心から

ブレイクしたのが

The Policeの(Every Little Thing She Does Is Magic/1981)

 

意中のひとがMagicianだったから

 

そして

 

(こんな風に想われたなら

 どれだけいいだろう ・・・ !)

 

 

切に願う そんなきもちのいくつかの歌たちに

魅了されてきたのだけれど・・・。

 

(自分の中に根深くあるはずの

恋愛感情的依存心

いつしかそんな願望を

封印したつもりはないけれど

どこかで毛嫌いしてしまったのか?)

 

 

同じ「マジック」(邦題)でも

まるで似て非なるもの

 

 

'80's オリビアは好きで結構聴いたり歌ったり。

豪華絢爛キラキラした世界観のザナドゥは未だに大好きで歌うが。

が、なぜか当時の私はこのマジックは耳に憶えていなかった。

 

それが先日'80'sのヒットメドレーを聴いていた時に

耳に入ってきた。

 

・・ん? なんかこの曲いいぞ。

・・・これオリビアの声やん。そりゃ好きやわな

しかし、何やろ・・?

 

 

今だからこそ刺さったような気がする。

この曲の表現し難い色気や、じわじわくる遅毒性は、

当時(Highteen)の自分にはわからなかったろう・・(苦笑&納得)

 

そんなメロディラインも大概ヤバいが

その歌詞も

今だからこその どストライク!!

 

(宇宙の寵児)

 

(モノにしたい この世界観・・・!)

 

 

フツーは”縛り”のイメージしかない

Have to  の BESTな使い所♪

 

music♪ | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









RECOMMEND