薔薇色彗星☆.。.:*・°

♪愛しい空っぽ の日々 by.aya〜*
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 星降る夜になったら | main | Welcome~♪ >>

大好き って なんだ?



自分にとって
約束 について回るのは
多分 強迫観念で
守れそうにない約束ならしない
無責任な約束なら しないほうがマシだ
というよりは

移ろい変化するのが生き物の性
それ故に ヒトは永遠に憧れ
裏切りというよりは
むしろ変化は 生在る限り責めようもない

恋愛とは
付き合っていようが 結婚していようが
そのカタチがどのようであれ
『片方の気持ちが無くなった瞬間に終わる』
のが真実で、極めて残酷なものだ。

(だから『The Art of Loving』Erich Fromm なのかなとも)


自他共に『気持ち』 ほど
その行方が解らなくて
縛れないものはない。


自分的には
本質がすべてだ。


ただ 
その変化すらも 愛していれたら
どんなにいいだろう
変化も含めての 信頼だったら
どんなにいいだろう


約束 で 思い出すのは やっぱり Q10だ。
(過去記事 1 2 )


『いついかなる時も』

それはもはや 
鏡の向こうの 相手 も 超えて
自分自身への絶大なる信頼感


最近じゃ 誓い ですら違和感がある。
それは自分的には多分
誓い「たい」ほどの気持ち なのだとも。

だからか。
恋愛結婚至上主義 という価値観は
既に崩壊してるのかもしれない。
『セシルの週末』からの卒業かもしれない。

「契約」という縛りに興味が無い。

なので
(未知か既存か?)至上のパートナーとは繋がりたいが
再婚したいとも思わなくなって。
ドラマ「偽装の夫婦」の最終話。
ハッピーエンドはよかったが
あれ再び籍入れる必要性ってあったんかな?
というのが個人的な感想やったり、、(苦笑)



なかなかタイムリーな記事に遭遇。
人を好きになるということ


なるほどw

1. とかは薄々気付いていても触れてはいけないような
ある意味デンジャラス(?)な内容、、w
これって逆側からしたら、
「何ソレ?!別に自分でなくてもいいんじゃん!(怒)」

2. は、いきなり核心に迫ってるw

で、要は 自分軸であればよし ・・かな。
誰を好きになって誰を選ぼうとも
自分の幸不幸なんて自分が決めるんだから か。
何人のせいにもしないw
自分のせいにすらしない、、ww


自分の独断と偏見では。
相手なんて見つけるもんでも探すもんでも無かったりする。
やっぱり 恋って落ちる もんだよ・・w

(若い頃と違って非常に惚れにくい模様・自爆死)



「この人となら幸せになれそう」
昔は何も思わんかったコレ↑が
年々打算的に感じてしまうのは。
この人 よりも
紐付いてる幸せという条件や保障 
が好きなんじゃないの?
という疑問符が湧くから かな、、w


自分が幸せになれる為の「アイテム」じゃねーんだよww


損得では無い
条件でも無い


誰かを想う 大好き な 気持ち


そもそも 大好き という気持ちは
愛であれ 悪であるはずがない

そして 全ては移ろう前提なら
そのものに罪すら無い



どれだけ魅力的な異性達と出会っても
関わる機会があったとしても
それでも

やっぱりアイモカワラズ(訳:飴玉の唄 更に訳:以下ry、、)
だったなら

その気持ちが続く限り
信じていればいい。






All right☆彡
 
- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









RECOMMEND