薔薇色彗星☆.。.:*・°

♪愛しい空っぽ の日々 by.aya〜*
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 血液ガッタガタ♪ | main | また3連休前w >>

おとぎ話☆彡連打

借りてきたDVD2作品
まずは・・・


「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」


憧れのグレース・ケリーを
ニコール・キッドマンが演る!!


これは必見やろw




(うっわー、皺無いなぁー)
相変わらず
「綺っ麗なーーー!!!♡」を連呼していたんやが。
背中の肩甲骨あたりを眺めてふと・・・

そういや、このヒト何歳やっけ・・・?



・・・1967?! わしとタメ?!www

(ジュリア・ロバーツは昔からPRに使ってたけど
最近じゃ天海さんもww)




何が引っ掛かったのかって?

大好きだった「ムーラン・ルージュ」(2001)を
ぼんやり思い出したからだ。
(本家よりユアン・マクレガーの「ユア・ソング」が♡)
それで漠然と違和感を感じたから・・・w

どんな大女優でも同じ人間。
どこかしらにささやかに年齢の経緯は見えても当然・・・。



政治的要素が自分にはちょっと難しかったんやけど(苦笑)
他国へ嫁ぐことも 王室に嫁ぐことも
尋常ならぬ努力を要する事は理解出来る。
(玉の輿ですらゴメン! 精神的窮屈は勘弁! という自分、、w)

どんな結婚生活にも倦怠期なり何なりはあるもので。
腹を据えて立ち向かっていく王妃の姿勢が美しかった。




歌姫のグリーンのドレス☆彡


クライマックスのシーンは。

「王子と恋に落ちたからです」

これが原点だけですべてを超えて行けるというのは
自分的にはやっぱ胸アツでしかない・・・!!!



王室でなくとも
現実社会は条件や体裁にまみれ・・・。
【結婚は何の為?】
家の為? 親孝行の為? 
世間に恥ずかしくない為?見栄の為? 
産むタイムリミット? 子孫繁栄の為? 
金の為? 性欲処理の為? 生活の為?
社会という外界に認められる為?!

それさえしたら幸せになれるとでも?

・・・  ?!



【男性は自分が結婚したいと思った時に
目の前に居た女性と結婚する】

・・・これは、自分が30代の頃。
ロムっていた巨大サイト、悩み相談BBSで見掛けた
ゆうじゅさんという魅力的な女性の言葉だったか。
当時40代で「日本の結婚制度に懐疑的」
という彼女は事実婚をされていて、
恋愛や結婚に悩む投稿者のQを拾っては回答されていた。

多分teenageから結婚願望(人生のパートナー求)が強く
Luckyにも大恋愛の末電撃早婚出来た自分にとって
彼女の生き様はメカラウロコで
自分のありきたりな既成観念をぶち壊したのかもしれん、、w


こんな素敵な先輩が居るなら
自分もこの先40代になるのも歳を取るのも悪くはないかなw と憧れた。



それでも
その後も「結婚」という言葉は
(ユーミンの「セシルの週末」を想う)
自分にとっては願いのような
呪縛のような?呪文のような・・
「恋愛結婚至上主義」
で、在り続けた、、、w

恋愛の無い結婚なんて自分にとって結婚ではない。
そして恋愛の無くなった結婚も自分にとっては本意を失う。


恋愛と結婚は違うという価値観も在るが、自分はそれは相容れない。
”恋に落ちた” その延長

< 好きだからに決まってんじゃん >

スタアの恋の草介と同じ価値観
それ以外の価値観での結婚も実際には(友達にも)
存在ほうが自分的には内心驚愕やったかな。


結婚願望を卒業?したのは。
決して縛ることなどできない「人の気持ち」
結婚という『契約』の枠に突っ込みたくないからだ。


末永く・・・ は当初は誰しもの願い
何人もはなから別れなど想定したくない
だからこそ敢えて「誓おうとする」んじゃないのか?



 

『誰の不幸も望みません』

 

Believe In Love ♡



ここに集約されてた。 己のささやかな望みが。

(for要らなかったんぢゃ、、?w)







 







さて お次は・・・。


「美女と野獣」(1946)ジャン・コクトー版
今度は性悪の姉2人は変わらず、
放蕩息子の兄1人とベルにずっと求愛してきた兄の友人が登場w

  これ、白黒でもこの美しさなら
カラーやったらほんまどんだけゴ〜ジャス!!!やったろう。。。

 
・・・あかん、2014版といい、なんで最後のほう吹いてまうのかww


そして更に増えるんかw
どんだけ実写化好きやねんww このお話w

来年2017年にはエマ・ワトソン主演で上映予定とな!!

・・・アニメに忠実な黄色のドレスがいまひとつ。
エマは綺麗やのになぁ、、、w








そんなこんなDVD観賞でしたん。

All right ☆彡






 
〜映画・TV・本・劇etc〜 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









RECOMMEND